上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祗園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
娑羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらはす
驕れる者久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
猛き人も遂には滅びぬ
ひとへに風の前の塵に同じ

【語訳】
祇園精舎の鐘の音には、
諸行無常、すなわちこの世のすべての現象は絶えず変化していくものだという響きがある。
沙羅双樹の花の色は、
どんなに勢いが盛んな者も必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。
世に栄え驕りたがる者も、その栄えはずっとは続かず、
春の夜の夢のようである。
勢い盛んで激しい者も、結局は滅び去り、
まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである。


ご存知「平家物語」冒頭の語句です。なんとも味わい深い語句ではありませんか。

盛者必衰、栄枯盛衰から普通連想するのは、古今東西の国や文化の歴史や叙事詩と思われますが、私自身はたかが仮想空間のウルティマオンラインという幾百あるうち1つのオンラインゲーム、更に何十あるサーバーのうちのたった1つの小さいWorld(Shard)。Yamatoの歴史に想いを馳せてしまいます。

とても小さい、されど紛れも無く幾千幾万の現実世界の人間がPlayer Characterを操作する事で歴史を作り、ブリタニア大陸という舞台の中で物語を織り成していったYamato Shardではありますが、嘗ては無数に存在した対人戦記もその殆どが閉鎖してしまい、Yamato誕生から幾星霜を経て時代の語り部達はいよいよ少なくなってまいりました。

このまま過去のYamatoが追憶の彼方にまで追いやられてしまうのは何となく惜しい気がします。そこで、特別殊勝な気持ちではありませんが、Yamato war guildの栄枯盛衰をテーマに、Yamato誕生から現在までの状勢を一貫して記したコンテンツを作ってみました。

このサイトに立ち寄った皆様におかれましては、過去の対人がどのような物であったのか、その後どうなったのか。対人状勢が仕様により振り回されながら兎角移り変わっていった様を知ることが出来ればと思う次第です。

また、当コンテンツは不肖者の1個人が、あくまで趣味且つ主観で書き綴るだけの内容である為、YamatoWarにおける正確な記録でも、世論を代表するものでもありませんので悪しからずご容赦くださいますようお願い申し上げると共に、記述が正しくない部分のご指摘や、その他情報、感想等をこちらにてお寄せ頂けましたら幸いです。

なお、史はWarを中心としているのでPK&PKKは補足的に記載しています。
当方、派閥Guildは殆ど存じ上げぬ故に未記載です。

各章の編集については、年月表は公式サイトを中心に補完。流れや当時のGuildに関しては私自身の記憶と、各WarGuildサイトの宣戦状態の記述やユーザーサイトの情報を断片的に集めながら(後年の殆どはYGWのHPより)補完作業を行わさせて頂きました事をこの場でご報告申し上げます。

●把握しきれていない情報
AbyssWar全参加Guild(sayuさんのAbyss戦記が残ってたらなぁ…)
派閥導入時、既存全WarGuildの参入先
DestardPITが設置された年月
PITの場所が、DestardPIT からJhelomPITに移転した年月
UOボード閉鎖時期
説明文が無いギルド。派閥ギルド。対人系パワスクギルド


●年月表について
太文字…UO新パッケージ
緑文字…新Shard
赤文字…PvP全体に大きな影響を及ぼしたアップデート及び出来事
青文字…PvP系ユーザーによる出来事もしくはイベント
紫文字…大手UO Page更新停止もしくは閉鎖
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。